臥竜清談第87回 田中茂樹さん(2020.3.15放送)

第87回のゲストは、ひがし北海道クレインズ代表の田中茂樹さんです。
田中さんは早稲田大学を中退後、ドイツ・トリア大学、アウグスブルク大学に留学され、帰国後は経済産業省のクール・ジャパン案件を数多く手がけてこられました。その後、日活経営企画室にヘッドハンティングされ、現在は、バルト三国ラトビアを中心としたデータソリューション企業の社長もお務めで、同時に、新生クレインズ代表としてアイスホッケーを守り、発展させることに力を注いでおられます。
今回の番組では、はじめにアイスホッケーの魅力とクレインズ復活を目指すことになったキッカケから、今後、どのような方向でチームを導くのかをご紹介いただきました。
その中では、「ひがし北海道」という地域にとってアイスホッケーという氷上スポーツが存在してきた意義、Jリーグをモデルとする「地域に根差した」今後のチームづくりの必要性といったお考えを伺い、また、クレインズのファン増、試合観戦ツアーなどを核とする「ひがし北海道」の観光資源の発信の可能性についてお話いただきました。
番組終盤では、ご自身の今後の目標として、競技人口が減少するアイスホッケーをはじめとする氷上スポーツ全体を盛り上げること、「ひがし北海道」に住む子どもたちがアイスホッケーというスポーツを通して世界に目を向け、積極的に国際交流し、平和の構築を担う人材に成長すること、その基盤となる文化としてアイスホッケーが浸透し、クレインズはその文化を継承する主役となることを力強く語っていただきました。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

当NPO法人主催フォーラム開催延期のお知らせ

 

2020年3月20日(金・祝)に開催を予定しておりました当NPO法人主催フォーラムにつきましては、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため5月下旬に延期させていただきます。

詳細が決まり次第、当HPでお知らせいたします。

なお、ご購入済みのチケットにつきましては、変更後の日程でもそのままご利用いただけますので、お手元に保管いただきますようお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ, フォーラム | コメントする

臥竜清談第86回 内間木義勝さん(2020.2.16放送)

第86回のゲストは、メガネのプリンス(株式会社ムラタ)代表取締役社長の内間木義勝さんです。
内間木さんは道南の上ノ国町のご出身。2、3歳の頃に移られた江別市にて野球、ラグビーなどのスポーツ大好きな少年として時を過ごされました。平成10年に現在の会社に入社。店長、マネージャー、次長専務などを経て、平成25年に社長にご就任。人工知能・AIを使った「お客様に似合う眼鏡を提示するサービス」をスタートするなど、顧客満足度を向上する取り組みに力を注いでいます。
今回の番組では、当社会長の村田晃啓氏が企業された当時から57年の歳月を経ても一貫して変わらぬ「メガネはファッション!」というコンセプトについてお話を伺いました。その具現化に向けた取り組みとしてお客様個々人に実施する「パーソナルカラー診断」や、業界初の試みである「AI技術」を導入した似合うメガネの提案など、「楽しみながらメガネ」を選ぶ具体的なプロセスをご紹介いただきました。
当社は現在、ベトナムやマレーシアにも店舗を展開中ですが、さらなる拡大に向けた課題、そして今後への期待、また近い将来、遠隔地でも視力検査ができる時代が訪れ、大きな変革が予測されるといったお話をいただく中で、メガネは単なる視力調整のための補助器具で止まらず、TPOに応じたファッションとして楽しみながら選び、そして使うツールとしてメガネをイメージチェンジする、当社の「コンセプト」に基づく内間木さんの強いチャレンジスピリットをご披露いただきました。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第85回 山森清志さん(2020.1.19放送)

第85回のゲストは、猿払村議会副議長の山森清志さんです。
山森さんは、昭和55年、北海道小樽水産高等学校を卒業され、ふるさと猿払村へ戻り、稼業である漁業に従事されましたが、同年、お父上が海難事故で他界。突然、一家の大黒柱として家族を支える立場となり、その後、30年余り漁業に従事されてきた傍らの平成23年、恩師の勧めで統一地方選挙に出馬し、猿払村議会議員に初当選。大きな転機を迎えました。
そして、平成27年2期目の選挙にも当選し、副議長にご就任。今も漁業に従事しながら3期目の議員活動を続け、さらに、猿払村観光協会理事として観光振興を模索し、ふるさとの活性化にご尽力されています。
今回の番組では、はじめに、猿払村を去る若者の割合が高止まりにあること、JR天北線廃線に伴い駅前商店街が姿を消したことなど、地方が抱えている共通の課題を中心に猿払村の現状についてお話いただきましたが、特にJR廃線問題は関係市町村にとって、考えさせられる内容です。
また、番組中盤以降、猿払村議会副議長としてのスタンスや今後の活動の方向性を中心にお話を伺いました。山森さんご自身が描く将来あるべき猿払村の姿を実現するためのポイントとして、近隣市町村との連携を充実すること、行政トップは明確なビジョンを示すこと、地域住民は行政に対して強い関心をもつこと、などを挙げられ、そのために今、成すべきことを議員として実行されているとのことです。
猿払村は一次産業が好調と評価されていますが、その裏で、商工観光関連、医療関係などは必ずしも自慢できる状況に至っていないことを踏まえ、今後は、新しい時代に向かって若い世代の要望も積極的取り入れながら、新規事業に取り組んでいくための環境整備が必要であり、猿払村はそれを実現する適性を備えていると力強くお話いただきました。
猿払村のさらなる発展に向けた山森さんの強いリーダーシップが猿払村に留まらず、道北地域全体に波及することが期待されます。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第84回 遠藤威さん(2019.12.15放送)

第84回のゲストは、ニセコ町にあります株式会社髙橋牧場で工場長としてナチュラルチーズの製造と工程管理を担当されている遠藤威(つよし)さんです。
遠藤さんは、静岡県のご出身で、静岡県立韮山高等学校から帯広畜産大学に進学、さらに同大学院(博士前期課程)に進まれ畜産環境学を専攻されました。修了後、(株)新潟鐵工所に入社。(株)ズコーシャ、(株)キスコフーズなどの企業で食品開発、飼料や微生物の研究に従事され、その間にチーズとの出会いも生まれ、また、研究成果が認められて平成11年には岩手大学から学位(博士、農学)を授与されています。
知人を介して社長の髙橋守、真弓ご夫妻に出会う機会に恵まれ、ご夫妻の牛乳、チーズに対する熱い思いを知り、平成29年、髙橋牧場に入社、現在に至っています。
今回の番組冒頭では、ご自身がチーズづくりを始めた経緯やチーズづくりに対する強いこだわりをご紹介いただいております。とくにモッツァレッラチーズは製造後の変化が著しいことから、毎日、実際に食べて品質を確かめるとのことです。
遠藤さん入社後、チーズの販売数は4倍に達したそうで、中でも熟成チーズ「狩太」は、オールジャパンナチュラルチーズコンテストで優秀賞を受賞。その「狩太」の製造プロセスや美味しさの秘密についてもご紹介いただきました。
遠藤さんは、社長の髙橋さんのコンセプトでもある地域との連携も視野に入れており、今、具体的にはホエーの有効活用を検討中とのこと。将来的には、輸入品に頼らず、地場産の乳酸菌などを駆使したチーズづくりに挑戦したいという夢もお持ちです。ニセコ地域に根付いた髙橋牧場が新たな地域振興事業に取り組むにあたり、これまで遠藤さんが培ったスキルが鍵となりそうです。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第83回 森崎龍郎さん(2019.11.17放送)

第83回目のゲストは、町立幌加内診療所所長の森崎龍郎さんです。
森崎さんは、神奈川県のご出身。漢方医学に興味をもたれたことから進学された富山医科薬科大学医学部を1995年にご卒業され、同大学和漢診療学講座へご入局。和漢診療・内科研修の後、同講座の医員としてご勤務されました。
その後、2003年に総合診療・地域医療を志され、札幌医科大学医学部地域医療総合講座へご入局。2010年には北海道地域医療支援事業により幌加内町国民健康保険病院へ派遣。派遣期間満了後の2014年、幌加内町の強い要請により町職員として同国保病院での勤務を継続されることになりました。そして、2016年、病院再編事業により現職にご就任され、地域医療の最前線でご活躍中です。
今回の番組冒頭では、森崎さんが医学を志され、特に富山医科薬科大学で和漢診療学の道に進まれ一般の医師とは異なる様々な体験をされたことや、次いで札幌医科大学の地域医療総合医学の分野に進まれ、そして幌加内町に赴任されるに至った経緯についてお話を伺いました。
患者さんとの関係性では「近所の方」程度が望ましいとのお考えで、幌加内町における診療として、プライマリーケアを基盤とし、支援病院との連携を図った地域システムを確立されています。今後、プライマリーケアの一層の充実、地域医療を守るための方策についてもお話いただきました。
後半部分では、幌加内町の景観や食の魅力をご紹介いただき、「10年後にドクターとしてどうありたいですか」という質問に、「想像はつかない」との前置きをされた後で「変わらず、今の仕事をしっかりしてやっていけたらいいなと思います」というお言葉で締めくくっていただきました。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第82回 堰八義博さん(2019.10.20放送)

第82回目のゲストは、札幌商工会議所さっぽろ成長戦略推進特別委員長の堰八義博さんです。
堰八さんは、2004年より15年間、北海道経済連合会副会長として活動され、本年6月には顧問にご就任されています。また、2016年6月には、公益社団法人 北海道観光振興機構会長、またNHK経営委員会委員にもご就任されています。さらに堰八さんは、札幌商工会議所議員を6期、2013年11月には札幌商工会議所さっぽろ成長戦略特別委員長に、2016年11月には同会議所のさっぽろ成長戦略推進特別委員長にそれぞれ就任され、札幌市と連携しながら各種施策を推進中です。
今回の番組では、特に札幌商工会議所のさっぽろ成長戦略推進特別委員長として、医療をコアとした産業の集積、産業クラスターの構築により医療以外の「農業」や「観光」といった産業との連携を図り、札幌市の発展、さらには北海道全域の活性化実現に繋げたいとする堰八さんの取り組みの成果と今後の方向性について具体的にお話いただきました。
中でも当番組(本年7月21日放送)でもご紹介しました札幌医科大学本望教授を中心とした再生医療には最重要施策として大きな期待を寄せられています。番組の中盤では、4月に就任された鈴木直道新知事も登場し、この札幌医科大学の再生医療への支援を含め、道内関連大学と道内外の医療関連企業のマッチングを進め、健康長寿産業のメッカとしての北海道を目指したいとの「堰八構想」の後押しとなるメッセージもお届けいただいております。これまでに例のなかった経済界と医療の現場との結びつきを積極的に進める、新しい切り口で、札幌、北海道がどのように変化していくか、堰八さんの舵取りに注目が集まります。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第81回 阿部弘さん(2019.9.15放送)

第81回目のゲストは、色彩関係の教育・研修事業、経営者向け塾やコンサルティング業務、さらに健康・美容機器の販売に至るまで幅広い業務を展開する「Future Create」代表の阿部 弘さんです。
阿部さんは、昭和54年に中央大学法学部をご卒業後、北海道拓殖銀行に入行され、各支店・本部等に在職していた平成9年11月に同行が破綻。その後、北洋銀行に再就職され、東京支店副支店長としてご勤務されました。
そして、平成12年12月、アパレル事業への進出のため同行を退職。平成13年3月にブティック「フォーティーフォー(44)」を、同時に色の専門家として「フォーティーフォー(44)カラースクール」を札幌に設立されました。
その後、各種スクールを次々と設立され、美容系職業訓練も多数受託される等、業務が多角化し、カラースクールと合わせると3,000名以上の修了生を社会に輩出するに至りました。
平成29年5月、職業訓練から全面撤退し、現在の「Future Create」を設立。現在は、「仕事・お店繁盛塾」を開講する等、これまで積み重ねたキャリア・知識・実経験を活かし、とくに後進の育成に重点を置かれた業務を遂行されています。
今回の番組では、冒頭、銀行勤務時代を振り返り、現在のお仕事にどのように繋がり、どう活かされているか、何が契機となり起業に至ったのかなど、阿部さんの夢に向った歩みについてお話いただいています。
特にご専門とされている「色」については、ファッションから料理に至るまで、人の心理に大きく影響する「配色理論」をご紹介いただき、また、ある意味で色と共通性がある会社経営の要因を「強み×普通×弱み=利益」という計算式におとし、どの部分を強化することが成長につながるかを具体的に解説いただきました。そこには、「なるほど」と納得させられる、まさに「阿部ワールド」が広がっています。
まとめの部分で語られた今の阿部さんの夢は、ご自身の会社を大きくすることより、若き経営者の力強い応援団として、メッセージを送り続けたいとのこと。教えを受けた塾生の北海道における益々の活躍が期待されます。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第80回 立崎勝幸さん(2019.8.18放送)

第80回目のゲストは、堅展実業株式会社執行役員 厚岸蒸留所所長、チーフブレンダーの立崎勝幸さんです。
立崎さんは東京都のご出身。茨城大学農学部をご卒業後、大学院修士課程において乳製品に関わるご研究に従事され、1993年大学院修了と同時に乳業メーカーにご就職。研究所や工場において勤務された後、異動された本社資材調達部でのご勤務中に、食品原材料輸入専門商社の堅展実業株式会社の樋田社長と出会われました。
ウイスキー蒸留所への招聘のお話をお聞きになった立崎さんは、蒸留所創業から関われるチャンスは二度とないと考え、転職を決意され、2016年1月同社に入社。秩父市のウイスキー蒸留所にて研修を受けた後の4月に厚岸町に赴任され、その後、アイラ島やジュラ島の蒸留所の視察を経て同社蒸留所初代所長、さらに2018年同社の初代チーフブレンダーに就任されました。その後、スコットランド、スペイサイドの蒸留所の視察にも出向かれ、2019年執行役員に就かれ現在に至っています。
今回の番組では、本場アイラ島のウイスキーに魅せられた立崎さんが厚岸の地でどのようなウイスキーをつくろうとされているのか、売り切れ続出となった第3弾までのシリーズと、続く第4弾「厚岸NEW BORN FOUNDATIONS4」をご紹介いただきながらお話いただきました。また、嗜好飲料としてのウイスキーの存在意義、あるいは将来のウイスキーのあり方についてもお考えを伺いました。
特に近年、若者受けする嗜好飲料が増える中、若い世代に受け入れられるウイスキーづくりに一定の理解を示されるものの、「基本的には変わらない、その中で変えていくことも大切」というお言葉には、本物、本質を追求する「作り手」としての誇りを感じます。立崎さんのウイスキーづくりの原点とされるアイラ島は牡蠣が名産で、ウイスキーをかけて食べる食文化があるとのこと。そのアイラ島と共通性の多い厚岸。名産の牡蠣と厚岸ウイスキーでも試され、「いける」と確信を持たれたそう。地域の新たな食文化とともに、厚岸ウイスキーの世界に向けた飛躍が期待されます。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第79回 本望修さん(2019.7.21放送)

第79回目のゲストは、札幌医科大学医学部付属フロンティア医学研究所 神経再生医療学部門教授 本望 修 先生です。
本望先生は、平成元年に札幌医科大学ご卒業と同時に同大学医学部脳神経外科に入局。平成3年からはニューヨーク大学脳神経外科研究員、その翌年にエール大学医学部神経内科神経科学・神経再生研究所研究員、さらに平成7年に同研究所講師となられ海外で研究に従事されておりましたが、同年、母校札幌医科大学脳神経外科学講座助手として戻られ、平成12年に同講座講師、平成20年に同講座特任教授、平成23年に現職にご就任されました。
かつては脊髄を損傷すると有効な治療法がなく、重篤な後遺症が残るのはやむを得ないことでしたが、平成の初めから札幌医科大学では、後遺症に悩む患者を救う研究に取り組み、その研究の中心にいらしたのが本望先生です。
今回の番組では、初めに研究中に発見された「骨髄間葉系幹細胞」がもつ神経再生を促す等の多様な働きに注目して、図示により解説。また、ヒト骨髄液から得た「骨髄間葉系幹細胞」を濃縮後に体内に戻す治療法で、体に麻痺のあった脳梗塞患者の麻痺が回復した症例(平成21年)、重度の後遺症の残る脊髄損傷患者を対象とした医師主導治験(平成25年スタート)において重症度が回復した症例等をご紹介しています。
この「骨髄間葉系幹細胞」を用いた治療法は、細胞製剤「ステミラック注」として医薬品メーカー「ニプロ」との共同開発で、その成果の意義・期待から厚労省の「先駆け審査指定制度」に指定、異例のスピードで期限・条件付承認となり、今年5月から健康保険が適用される新しい治療法として世界で初めて札幌医科大学が全国から患者の受け入れを開始しました。
本望先生には冒頭、この画期的治療法の特性や対象となる患者の現状等について詳しくお話を頂戴し、さらに中盤以降では、ご自身が当初、目指した臨床医から基礎医学の研究に方向を転換されたきっかけや、長年の「再生医療」の研究を通して感じられる現在の医療、そして、5年、10年先の医療の姿について、お話を伺いました。
「『自己治癒力』の解明と最大活用」を掲げ、実践されている本望先生には、多くの患者の期待が集まっています。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

※ 撮影協力:札幌医科大学

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする