臥竜清談第80回 立崎勝幸さん(2019.8.18放送)

第80回目のゲストは、堅展実業株式会社執行役員 厚岸蒸留所所長、チーフブレンダーの立崎勝幸さんです。
立崎さんは東京都のご出身。茨城大学農学部をご卒業後、大学院修士課程において乳製品に関わるご研究に従事され、1993年大学院修了と同時に乳業メーカーにご就職。研究所や工場において勤務された後、異動された本社資材調達部でのご勤務中に、食品原材料輸入専門商社の堅展実業株式会社の樋田社長と出会われました。
ウイスキー蒸留所への招聘のお話をお聞きになった立崎さんは、蒸留所創業から関われるチャンスは二度とないと考え、転職を決意され、2016年1月同社に入社。秩父市のウイスキー蒸留所にて研修を受けた後の4月に厚岸町に赴任され、その後、アイラ島やジュラ島の蒸留所の視察を経て同社蒸留所初代所長、さらに2018年同社の初代チーフブレンダーに就任されました。その後、スコットランド、スペイサイドの蒸留所の視察にも出向かれ、2019年執行役員に就かれ現在に至っています。
今回の番組では、本場アイラ島のウイスキーに魅せられた立崎さんが厚岸の地でどのようなウイスキーをつくろうとされているのか、売り切れ続出となった第3弾までのシリーズと、続く第4弾「厚岸NEW BORN FOUNDATIONS4」をご紹介いただきながらお話いただきました。また、嗜好飲料としてのウイスキーの存在意義、あるいは将来のウイスキーのあり方についてもお考えを伺いました。
特に近年、若者受けする嗜好飲料が増える中、若い世代に受け入れられるウイスキーづくりに一定の理解を示されるものの、「基本的には変わらない、その中で変えていくことも大切」というお言葉には、本物、本質を追求する「作り手」としての誇りを感じます。立崎さんのウイスキーづくりの原点とされるアイラ島は牡蠣が名産で、ウイスキーをかけて食べる食文化があるとのこと。そのアイラ島と共通性の多い厚岸。名産の牡蠣と厚岸ウイスキーでも試され、「いける」と確信を持たれたそう。地域の新たな食文化とともに、厚岸ウイスキーの世界に向けた飛躍が期待されます。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第79回 本望修さん(2019.7.21放送)

第79回目のゲストは、札幌医科大学医学部付属フロンティア医学研究所 神経再生医療学部門教授 本望 修 先生です。
本望先生は、平成元年に札幌医科大学ご卒業と同時に同大学医学部脳神経外科に入局。平成3年からはニューヨーク大学脳神経外科研究員、その翌年にエール大学医学部神経内科神経科学・神経再生研究所研究員、さらに平成7年に同研究所講師となられ海外で研究に従事されておりましたが、同年、母校札幌医科大学脳神経外科学講座助手として戻られ、平成12年に同講座講師、平成20年に同講座特任教授、平成23年に現職にご就任されました。
かつては脊髄を損傷すると有効な治療法がなく、重篤な後遺症が残るのはやむを得ないことでしたが、平成の初めから札幌医科大学では、後遺症に悩む患者を救う研究に取り組み、その研究の中心にいらしたのが本望先生です。
今回の番組では、初めに研究中に発見された「骨髄間葉系幹細胞」がもつ神経再生を促す等の多様な働きに注目して、図示により解説。また、ヒト骨髄液から得た「骨髄間葉系幹細胞」を濃縮後に体内に戻す治療法で、体に麻痺のあった脳梗塞患者の麻痺が回復した症例(平成21年)、重度の後遺症の残る脊髄損傷患者を対象とした医師主導治験(平成25年スタート)において重症度が回復した症例等をご紹介しています。
この「骨髄間葉系幹細胞」を用いた治療法は、細胞製剤「ステミラック注」として医薬品メーカー「ニプロ」との共同開発で、その成果の意義・期待から厚労省の「先駆け審査指定制度」に指定、異例のスピードで期限・条件付承認となり、今年5月から健康保険が適用される新しい治療法として世界で初めて札幌医科大学が全国から患者の受け入れを開始しました。
本望先生には冒頭、この画期的治療法の特性や対象となる患者の現状等について詳しくお話を頂戴し、さらに中盤以降では、ご自身が当初、目指した臨床医から基礎医学の研究に方向を転換されたきっかけや、長年の「再生医療」の研究を通して感じられる現在の医療、そして、5年、10年先の医療の姿について、お話を伺いました。
「『自己治癒力』の解明と最大活用」を掲げ、実践されている本望先生には、多くの患者の期待が集まっています。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

※ 撮影協力:札幌医科大学

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第78回 川村惺馬さん(2019.6.16放送)

第78回目のゲストは、(株)東京フラワー社長の川村惺馬さんです。
川村さんは青森市のご出身。小中学校を浅虫で過ごされ、昭和35年に県立青森商業高等学校をご卒業後に上京。(株)ハナトモ・(株)浅草橋生花市場に入社されたのが花との運命的な出会いとなりました。その後、昭和38年に同社を退社して札幌市に移り、(株)東京フラワーを共同で創業。昭和58年に同社の代表取締役に就任され、現在に至っています。
その間、札幌及び北海道生花協同組合の理事、相談役もお務めで、花き業界の重鎮として今もご活躍中です。そのお仕事ぶりに対し、平成9年北海道産業貢献賞が贈られています。
今回の番組では、冒頭、生花業界の現状、例えば、市場における「せり」が消えつつあるシステムの様変わり、厳しい経済環境の影響についてお話いただきました。
世界的な傾向とのことですが、時代とともに変わる業界の形態は、高度成長期、バブル経済とある意味で良き時代の業界を知る川村さんにとって寂しく映っているようです。ただ、生花のもつ普遍的な役割、価値についてご紹介いただき、その中で強調された「命の大切さ」、「アナログ的価値観の大切さ」といったキーワードは、今日の世相への警鐘として非常に印象的でした。途中、「世阿弥の風姿花伝」、棟方志功ゆかりの浅虫温泉旅館「椿館」の話題に、まさに「花を咲かせる」ところは、川村さんの守備範囲の広さと言えましょう。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

※ 撮影協力:株式会社東京フラワー

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第77回 荒川裕生さん(2019.5.26放送)

第77回目のゲストは、学校法人札幌大学理事長の荒川裕生(ひろき)さんです。
荒川さんは函館市のご出身。昭和52年に千葉大学園芸学部をご卒業され、北海道庁に入庁。根室支庁でご勤務されました。主に農地開発部、農政部関係業務に従事された後、平成11年に総合政策部政策室主管、平成18年に企画振興部地域振興・計画局長、平成20年に農政部参事監、平成21年に総合政策部知事室長、平成23年に総合政策部長にご就任。そして、平成25年から平成29年までは副知事をお務めになられました。
副知事退任後の平成29年、現在の学校法人札幌大学理事長にご就任、翌平成30年からはコープさっぽろ会長を兼務されています。
今回の番組では、大学を取り巻く環境が大きく変化し、少子化が急速に進む中で、理事長として50年の歴史をもつ札幌大学を今後、どのような方向に舵取りされるかを中心にお話を伺いました。
特に道内の教育界、経済界などで活躍する大勢のOB・OGを輩出している札幌大学の高い評価を維持し「選ばれ続ける大学」であるために、「社会人力」の修得に重点を置いた「現場の実態を学ぶ」、「グローバル意識を培う」ことを教育現場に求め、実践型教育システムの構築、留学生との交流事業などを進めておられる現状についてご紹介いただいています。
また、高校との連携はもとより、大学同士の連携や留学生を含めた単位互換などを推進する、そして北海道に暮らしながら学ぶことのメリットを伝えることが重要とのお話も頂き、若者世代の道内からの流出を防ぐ意味でも貴重なヒントを頂戴することができました。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

※ 撮影協力:札幌大学

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第76回 山口尚之さん(2019.4.21放送)

第76回目のゲストは、「びらとり和牛」の専門店「くろべこ」オーナーの山口尚之さんです。
山口さんは夕張市のご出身。昭和63年に夕張南高校をご卒業後、横浜の(株)イトーヨーカドーにおいて8年間精肉部門にご勤務され、平成7年に北海道にUターン。平取町の平取温泉(現在のびらとり温泉ゆから)に入職され、14年間、和牛の販売、調理に携わり、その後に「くろべこ」を開業され、今日まで肉の仕事に関わって30年以上が経過しました。
多くの人に「びらとり和牛」を食べていただきたいとの強い思いから、レストランでは、ステーキやハンバーグの提供、さらに札幌のレストランなどに向けて精肉の販売、また加工品の製造・販売も展開されています。
年間約300頭生産される「びらとり和牛」のうち100頭近くを仕入れ、とくにA5ランクに指定された牛は必ず仕入れるという山口さんからは、産地を支えているという自負が感じ取れます。「くろべこ」で食べる、買う「びらとり和牛」の品質は、山口さんのお墨付きといえましょう。
今回の番組では、昭和37年に島根県から繁殖牛が導入された「びらとり和牛」を地元で「生産・飼育・出荷・消費」の体系化、そして今日のブランド化が確立するに至った原動力としてご活躍された山口さんに、「びらとり和牛」の魅力をご紹介いただきました。また、「牛肉輸入の自由化」等迫る課題への対応、あるいは平取町のもう一つの地域ブランドである「びらとりトマト」との連携の方向性など、今後、地域資源としての「びらとり和牛」を地域の元気づくりにどのように活かしていかれるのか、夢を語っていただきました。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

※ 撮影協力:びらとり和牛専門店 くろべこ

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第75回 遠藤稔さん(2019.3.17放送)

第75回目のゲストは、小樽朝里クラッセホテル総料理長・副支配人の遠藤稔さんです。
遠藤さんは小樽市のご出身。昭和58年、15歳で調理師を志し、丸井今井小樽店のレストランで中華料理専門のシェフとしてスタートを切りました。昭和63年、札幌ホテルヤマチに移られてご勤務の後、平成9年、29歳で小樽朝里クラッセホテルに移られ、その後、平成24年に同ホテル総料理長、平成29年に同ホテル副支配人にご就任され、今日に至っています。同時に、小樽あんかけ焼きそば親衛隊、日本中華料理協会小樽支部副支部長、薬膳調理指導員としてもご活躍中です。
今回の番組の冒頭では、小樽名物「小樽あんかけ焼きそば」の歴史や、親衛隊が結成された経緯についてご紹介いただいています。
同ホテルレストラン「シルフィード」の人気No.1メニューとなっている「小樽海鮮あんかけ焼きそば」はご自身のオリジナルメニューですが、市内で100店に及ぶと推定されている提供店のメニューは、それぞれに味が異なる点が「小樽あんかけ焼きそば」の大きな特徴とのこと。単に売り上げだけを問題にするのではなく、観光資源として、地域の活性化に繋がるツールとして活用することを意識されています。
番組後半では、将来の小樽のため日々の業務の中でいかに若手を育てるか、また、ご勤務されているホテルがいかに地域から求められる場所として存在感を増すか、さらに10年後の料理人としてのご自身の姿について、遠藤さんの夢や熱い思いを語っていただいています。小樽市の元気づくりに不可欠な方を、今回の番組で新たにご紹介させていただきます。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

※ 撮影協力:小樽朝里クラッセホテル

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第74回 和田勇人さん(2019.2.17放送)

第74回目のゲストは、ふるさと奥尻島の魅力を“食”を通して発信されている「TAKU円山」オーナーシェフの和田勇人さんです。
和田さんは奥尻島のご出身。平成9年地元の高校をご卒業後、東京の服部栄養専門学校に進み、卒業後の平成11年から札幌パークホテルにて修行。平成21年「TAKU円山」の店長として、平成28年からは「TAKU円山」のオーナーシェフとして、ミシュラン一つ星を獲得されるなど、その人気、実力は各方面から注目を集めています。
今回の番組では、和田さんが中学生の時(平成5年)に北海道南西沖地震が発生した当時の島内の様子やご自身の気持ち、また、その後の復興に伴う島の変化についてお話を伺いました。
和田さんの奥尻島への思いの強さは、父上の和田良司さんが第31代奥尻町長(平成17年~21年)として、歴代の町長と同様、復興に向けて全力を注がれているご様子を身近でご覧になっていたことが根底にあるようです。和田さんの料理へのこだわりも、料理とともにご紹介いただいています。
ポイントは、奥尻島の素材の魅力を、とくに「四季折々の旬」に沿いながら伝えること。また、料理を主役として演出する器のチョイスにも和田さんのこだわりが表れています。奥尻島に数々の作品を残されている世界的彫刻家、流政之氏(平成30年没)も、そのような和田さんの「こだわり」に魅了されたお客様のお一人だったとのこと。
番組の後半では、奥尻島をいかに元気にするか、和田さんの将来の夢について伺っています。ウニ、アワビなど数え切れないほどの特産物の活用とは別に、多くの人が奥尻島に出向く仕掛けとして、島の若者との交流の中から「島あそび」なるものを模索中とのこと。すでに独自の奥尻島ツアーなども企画されている和田さんですが、母上が以前営んでおられたペンションを利用し、「オーベルジュ」を展開したいとのお話には、あらためてふるさと奥尻島への熱い思いを感じました。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

※ 撮影協力:TAKU円山

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第73回 坂田理さん(2019.1.20放送)


第73回目のゲストは、トンボハイヤー株式会社代表取締役の坂田理さんです。
坂田さんは、昭和47年小樽市のお生まれで、平成7年北海学園大学をご卒業され、同年北海道拓殖銀行に入行。その後、平成10年トンボハイヤー株式会社に入社、平成14年現在の同社代表取締役にご就任されております。
社長業のほかに数々の公職を歴任されており、特に「小樽あんかけ焼きそば親衛隊隊長」、「おたる潮まつり実行委員会運営委員長」、「小樽観光協会理事・冬季イベント実行委員会委員長」等として小樽観光の牽引役を担われています。
今回の番組では、冒頭、銀行員時代を含めた「平成」を振り返り、企業として、小樽市として、次の時代に向けた課題と改善策についてお話いただきました。その一つに、「小樽観光」があり、「日帰り型」から「宿泊型」への転換、あるいは両者のそれぞれの魅力づくりが不可欠であり、小樽らしいコンテンツをしっかりアピールすることの重要性をあげられています。
また小樽のソウルフードとなっている「小樽あんかけ焼きそば親衛隊」が結成されるに至ったエピソードや「おたる潮まつり」の現状と今後の課題についても伺いました。
小樽の自慢は「食」と「運河」と仰る坂田さんですが、もう一つ、「港」も将来の観光資源としては重要とのご認識で、人が集う、商業的に活用できる「港」を活かした「街づくり」を進めたいという夢をお持ちです。人口減は避けられないとしても、そのスピードを減速させる、そのために地元の人材の知恵を結集し、小樽市を多くの人から「住み良い街」と認められるようにしたい、と語る坂田さんのリーダーシップが期待されます。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

※ 撮影協力:トンボハイヤー株式会社

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

臥竜清談第72回 迫俊哉さん(2018.12.16放送)

 

第72回目のゲストは、小樽市長の迫俊哉さんです。
迫さんは昭和33年、小樽市富岡のお生まれで、昭和57年高崎経済大学をご卒業され、小樽市役所に入庁。企画部、総務部、経済部、産業港湾部などでご勤務された後、平成23年総務部長、同26年教育部長、同27年生活環境部参事を歴任され、平成29年ご退職。そして本年8月、新市長に就任されました。
高校、大学と野球に打ち込まれ、小樽に戻られてからも社会人野球の小樽協会に所属されてご活躍。部長、OB会事務局長などもお務めになられております。野球以外にも読書、クロスカントリー、太鼓・筝(そう)の演奏など、非常に幅広いご趣味をお持ちです。
今回の番組では、これからの小樽市の元気づくりに向けて、もともと小樽市が有する歴史や産業の遺産、あるいは海という高いポテンシャルをもつ資源を活用した「観光」のあり方を中心に、いかに足腰強く、かつ持続性あるものにして「まちづくり」を実現するか、新たに就任された市長としての抱負を伺いました。
特に「夜の観光」の充実、具体例として天狗山からの夜景と小樽ならではの食事のセット、あるいはガラスの街小樽に相応しい富岡教会、そして市役所庁舎のステンドグラスのアピール、さらに市内から港に浮かぶクルーズ船の眺望など、小樽市独自の魅力が次々と語られました。番組の後半では、2030年に札幌まで延伸が予定されている北海道新幹線や、近年、完成した高速道路を活かし、後志全体の「広域観光」も視野に入れながら、小樽市の独自性ある「まちづくり」に邁進するお話や「観光」以外の取り組むべき課題への姿勢についてお話される中で、とくに小樽市を「日本遺産」に申請したいというビジョンを紹介いただきました。元気復活に向けた小樽市の動向が注目されます。

この番組は以下の各社のご提供で放送しています。

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

石破 茂 衆議院議員をお招きしてのフォーラム、盛況に終了!

2018年11月3日(土)、石破 茂 衆議院議員をお招きしての当NPO法人主催フォーラムが札幌プリンスホテル国際館パミールで開催され、多くの方にご来場いただき盛況のうちに終了いたしました。今回は、補正予算審議中の極めてご多忙の中ご来札いただき、ご講演を賜りました。
なお、フォーラムの様子は、動画を通じて発信させていただきますのでご高覧いただければ幸いです。

第1部では、「北海道の行方と日本のあるべき姿」と題して基調講演を賜りました。
北海道は「農業・漁業・林業」のような第1次産業や、「観光・サービス業」において可能性を秘めた地域である一方、加工販売等の付加価値をつける第6次産業では、全国で最下位であることから、取り組み事例を紹介しながら「日本の新しい姿は“開拓の地”である北海道が創っていかなければならない」と提言されました。

第2部では「政権キーマンに聴く」と題して、国政の在り方と現状について、今後の日本のあるべき姿などについて石破茂衆議院議員の考え方と方向性について伺いました。
この中では来場された皆様からいただいたご質問・ご提案・ご感想に対して、限られた時間の中でご回答いただきました。
残念ながら時間の関係上、全てをご紹介することは叶いませんでしたが、いただいた内容につきましては、当NPO法人の今後の活動に反映させていただきたいと考えております。

この度のフォーラムのために極めてご多忙の中、貴重な時間を割いていただきました石破茂衆議院議員に、改めて心からお礼申し上げます。
また、この度のフォーラムに対してご協賛いただきました企業・団体・個人の皆様、及び当日ご来場いただきました皆様にも重ねて感謝申し上げます。

第1部 基調講演「北海道の行方と日本のあるべき姿」
衆議院議員 石破 茂 氏

第2部 対談 政権キーマンに聴く
衆議院議員 石破 茂 氏
聞き手 フリージャーナリスト 中村 美彦 氏

カテゴリー: フォーラム | コメントする