「石破大臣と地方創生を語る会」(宗谷の地方創生を考える会主催、当NPO法人共催)盛況のうちに終了!

2015年7月11日(土)、稚内サンホテルで開催されました 石破  茂 地方創生大臣をお招きしての講演会及びパネルディスカッションが、道内外のメディアを含む会場から溢れんばかりの大勢の方のご来場の下、盛況のうちに終了いたしました。
当日、第1部は石破大臣から「地方から創生する我が国の未来」という演題で基調講演を賜り、地方固有の資源を見出し、どのように創生につなげていくかを、宗谷地方にある具体例をあげながらお話しいただきました。ご来場者には、実務的な作業を進めている方も多いことから、今後の作業の方向性がクリアにできる貴重な機会になったのではないでしょうか。
続いて第2部は、「石破大臣と日本最北の地方創生を語る」と題したパネルディスカッションが行われ、コーディネートを中村美彦氏(フリージャーナリスト、当NPO 法人理事)が務められ、アドバイザーとして石破大臣にもご参加いただき、6名のパネラーから稚内を中心とした一次産業、地域特性を活かした経済活動の現状と可能性について報告がありました。パネラーは、久手剛氏(北海自工総務部長)、富田伸司氏(富田組社長)、金村広史氏(金村農場)、谷原一郎氏(丸北北海組社長)、杉川毅氏(稚内印刷社長)、石塚英資氏(石塚建設興業社長)の方々です。日本最北の地で人々が安心して生活を営むことができるように、「しごと」が「ひと」を呼び、「ひと」が「しごと」を呼び込む「好循環型」地域社会を確立するために、宗谷の将来を担うメンバーそれぞれのお立場でのお考えが述べられましたが、パネルディスカッションの内容に関しましては、第1部とともに本NPOのホームページで動画配信する予定です。ご高覧賜ることができれば幸いです。
今回のフォーラムを通じ、「宗谷の地方創生」に向けて、目標や課題を地域全体で共有するとともに、宗谷の方々の意識や機運を高めることができたものと確信するところです。
ご多忙の中、遠路、稚内にお越しいただきました石破大臣には重ねてお礼申しあげます。また、宗谷各市町村の首長をはじめ関係者の皆様、さらに今回のフォーラムにご参加いただきました北海道庁関係者他多くの皆様に深く感謝申しあげます。
また、主催された「宗谷の地方創生を考える会」の特別事業顧問川崎眞敏氏(稚内市議)、顧問中田伸也氏(稚内商工会議所会頭)をはじめとする関係者の皆様、特別協賛いただきました稚内建設協会様、稚内信用金庫様に対し、共催者として心から感謝の意を表します。

カテゴリー: フォーラム   パーマリンク